ニューペガへの思い入れ

平成になってからというものの、まだまだニューペガを残すホールは多数ありました。
もちろん、修理部品も入手できないのですから、手入れには大変苦労されていたようで、
だんだんと数は減っていくのですけど

その頃になると、攻略により、全国のニューペガで抜いて回っていたのは確かですが、
出玉や訪問頻度にかなり制限をかけたこともあり、出禁などのトラブルはほとんどなくなります。
もちろん、一部のホールでは常連客に張り付かれたり、その常連客からホールの主任格に言いつけられたりして、居心地の悪いところも何件かありましたけど

そうして、何度も同じ店を訪れるようになると、ニューペガの手入れをしている店員や、小さな店では、店長さんとも話すようなこともあるようになりました。
そんな店ではどこの店も店長さんはニューペガの話が好きですし、店員さんからは、入れ替えちゃえば楽なんだけど店長が外さないんだよねって話を良く聞きました。
残している店は、ニューペガへの思い入れがある店長さんが多かったように思います

ある店では、ニューペガを外すことを決めた店長さんが、僕を含め昔からの常連の方々一人一人に、ニューペガ差し上げますけど、いりませんかって言って回ってました。それも、自宅まで、車でお届けしますよって
もちろん、自宅を知られたくないので、お断りしましたけどw

ほかの店では、ニューペガを外す日を2週間前から告知し、最後の3日を”ニューペガさよならイベント”とし、全台456にしたんですから、今では考えられませんよね。外す台に高設定なんて
さよならイベントでは僕も盛り上げようと、設定4の台で、7000枚くらい出させていただきました
ちなみに、このさよならイベントのホールは、関東で支店も増え、今ではすっかり○ッタクリ営業です。
さよならイベントで出した分を、今になって、5号機で少しずつ返上しております。

続々パンチパーマ

パンチネタもこれで最後ですw

ニューペガが永い間残っていたホールは、大体は昭和の香りのするホールでした
平成になってからもしばらくは、そんなホールは残っていました
そんなホールでも、ニューペガを外し、現代風に様変わりできたところは、今でも残っていますが、
ニューペガとともに、消えていったホールも全国にはたくさんあります。

山手線沿線の大きなターミナル駅の駅前ロータリーに、2階建てのスロ専門店がありました。
この店は、1階も2階もすべて、全台ニューペガという珍しいお店
(終盤には一部4号機も導入されました)
この店には、背が高くて強面で、パンチの店長さんがいらっしゃいました

この店で、ニューペガを打っていたときのこと、そっと背後に立ったこの店長さん、
いきなり両手で、僕の両肩をガッと掴んだのでした。
心臓が止まるかと思うくらいドッキリした瞬間、その店長さんは、
「あの台が、ボーナス終了後にすぐ止めたから、あの台を打て」と、
裏側にある台を指さしているのでしたw
(即止め台は、Aコースの連チャンゾーンが濃厚です)

あらら、僕にそんなこと教えちゃって、、、って思いましたが、おいしくいただきました。
ただ、申しわけなく思い、BIG3連くらいで止めちゃうんですけどね。

その後、その店に行くたびに、その店長さんに会ったときには、前日の即止め台とか
100枚打ち込まれていない台を教えてくれるんです。
そして、店長さん自らコインを流してくれて、「儲かって良かったなっ」って、
普段強面の店長さんが、笑顔でレシートをくれるのでした。
ニューペガの話も楽しそうにしてましたので、ホントにこの店長はニューペガ好きなんだなって

さすがに、そんなのが続くと、攻略で抜きまくることはできなくなります。
僕も、行く回数が減っていったんですが、そのうち、4号機のパチスロブームになると
さすがにニューペガだけでは集客できずに客数も減っていきました。

ある日、久々にその店に行きました。
近づいていくとなんだか違和感が。
正面に回ると、なんの張り紙もなくシャッターが閉まっていました
それ以来、そのシャッターが開くことはありませんでした。

そのあたりからです。全国で急速にレトロ台が残っている店が減り始めたのは

続パンチパーマ

パンチパーマといえば、2回目の出入り禁止をくらったのもパンチパーマの主任でした。
都内の中堅チェーンの一店。その店を仕切っていたパンチパーマの主任さん。
みかけは怖いのですが、話すとフレンドリーでよい方でした。
ですが、その主任さんと仲良くしていた常連の方々が、僕に目をつけるようになり、
あることないこと言い出したんです。(あっ、半分はあるかもw)

いつもは気軽に話しかけられていたのですが、その日は、打ち始めるといきなり背後に
仁王立ち。やっぱりパンチパーマのマジ顔は怖いw

いきなり肩をぐっと掴まれ、「もうくるな。今日は打ってよし。理由は自分が知ってるはずだ」
とぼそっと耳元で言われたのでした。今回は事務所に連れてかれはしませんでしたね。

証拠もないので、一瞬反論しようかとも思いましたが、あまりに顔が怖かったので、
一時間ほど仁王立ちの監視の前で打ち続けた後、換金してそのまま帰りました。
監視の前で、手元がよく見えるようにしながら連チャンさせ、なにもしてないけど、たまたま連チャンしてるんだよとアピールさせようとしたんですけど、逆効果でしたねw そんなに連チャンするはず無いと言われてしまいましたし

その店には、それ以来近づいてません。あのパンチの主任は今でもいるのだろうか

そういえば、以前ブログにも書いた、”出入り禁止にされたジグマプロ”もパンチパーマでした

昭和のパチンコ屋とパンチパーマ

スヲッカさんにコメントをいただき、昔のことを思い出していました。

最近のパチンコ屋は、きれいで、接客態度がとてもよいですよね。
でも昔は、全然違いました。

どちらかというと、反社会的な後ろめたい空間で、なぜか学生の自分は引き込まれてしまったのでした。

開店と同時に軍艦マーチが流れ、床は、当時の小学校のように汚い木の床でワックスの油のにおいがつんときました。

店員は、いまのように愛想のよい人はほとんどいなくて、なぜか、必ずパンチパーマの人がいるのです。
それも店によっては、主任も店長もみなパンチパーマ。玉が詰まってもなかなか来てくれなかったですし、コインや玉を運んでジェットカウンターに流すのも、自分でしたからね

さらには、客(特にパチスロの島)にもパンチパーマの人たちがよくいらっしゃいました。
当時は、パチスロの上にはパトライトがついていて、フラグが立つと、上のパトライトが回るので、
そんな人たちが、上を向いて黙々とレバーをたたいてるんです。
横には、紙の束につつまれたコインを積み上げて、50枚消化しては片手で紙を破りすて、
床はコインの紙で一杯になります。

もちろん、どんなに紙で埋もれても、店員は片付けません。

冬のある日、札幌のとある店に、スターダストという台が、新装開店で入りました。
当時の新装開店は、モーニングをいれていることが多かったので、
開店前から、列んで台をとったんです。
コインは、カウンターで買わなければいけないので、すぐには打ち始められないんですね。
そのときです。みんなが台を取り終えて、コインを買いに行こうとした時に、2人のパンチパーマが
どうどうと入ってきたのです。45度に傾いたサングラスをかけて、どう見ても堅気には見えないです。

その2人は、それぞれの島で、ポケットからコインを出して、一台一台端の台から次々とBIG
(スターダストなのでBIGはBAR絵柄です)を揃えていくんですよ。もうびっくり
台に人が立っていればその人をドツキ、皿にたばこがはいっていれば放り投げ、もうお構いなしです

気がつけば、店の約半分の台にBIG絵柄が揃って、パトランプが回ってるんですから圧巻です。

その後、端から一台一台ボーナスを消化し、一回分のコインを流して去っていきました。
20台分以上ありましたから、いい金額になってると思います。

島には店員もいましたけど、もう見て見ぬふり。
暴力団がらみの開店プロなのか、店長とつるんで店の売り上げを抜いていたのか、
当時子供の僕には知るよしもありませんでしたけど




ニューペガの裏モノ

思いだしたことをただ書いているだけなので、進行がばらばらですね。
お許しください

体感機ネタを書こうと思ってたら、あることを思い出しました。

ニューペガサスにも裏モノがあったということ。

世間一般では、ニューペガには裏モノはないことになっています。

これは強烈な連チャンのゲーム性からも、店側の抜け具合からも、裏モノの必要性はほとんどないからです。

ただ一度だけ、裏モノに遭遇したことがありました。

学生時代、なぜだかかわいがってもらっていたテキ屋の親分さんに夕方台を譲ってもらったんです。
十分勝ったから、今日は好きにしていいぞって(いつもは、勝ち分の半分を献上してました)
勝ったといっても三万くらいだって言ってましたけど
最近、設定6でもあまり勝てなかったんで、店長に言って、出る台を仕込ませたとのこと。
中身は、新装開店用の基板と聞きました。

当時の新装開店は、今と違い、ほんとに出しましたからね。
夕方遅くに開店するのですが、全台BIG仕込みや全台設定6なんて店もありましたしね。
短時間に、出玉をアピールする見せ台用基板とのことでした。

このころ、まだ強制連チャン打法は開発されていなかったのですが、BIG中のJACゲームの出目で次の天井はわかっていました。
すると通常とは明らかに違う挙動を示しました。この台は、JACの出目が数パターンしかないんです。
1つのパターンはボーナス終了後3周目で必ずBIG。ほかはBIGとREGどちらも出るのですが、天井が50枚,100枚、200枚のパターンしかないのです。それも、3周目BIGの割合が一番多く出ます。
ブン回したら、とんでもないことになりました。
約6時間で27万円勝ち。7枚交換だったので、約1万9千枚も出ました。

それ以来、全国のニューペガを打ちましたが、裏モノは一度もみたことがありません。
このとき限りの体験でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。