スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラジン

チャレンジマンのことを書いて、他の台のことも思い出しました。

一発で大きな出玉が狙える集中役を搭載した機種で攻略できたらおいしいだろうなと考え、
チャレンジマンよりもたくさん設置されている初代アラジンも台を買ってROM解析しましたね
そういえば

サミーが開発しニイガタ電子が販売していた2号機です
単チェリーが熱い台の元祖ですね

もう20年近く前のことなので細かいことは覚えてませんが、攻略要素は見つからなかったです

ニューペガのように疑似乱数を使っているか、チャレンジマンのように乱数周期が遅ければ
狙うポイントもあったのでしょうが、プログラム自体にはアラはありませんでしたし、当時の体感機では狙えるような乱数ではなかったです。

この台、集中役の破壊力が凄まじく一度に数千枚とかの出玉があり、結構好きでした。
今のARTのように安定しないけど一発狙い的なギャンブル台の元祖でもありますよね。

もちろんトータルでは、大負けしてます

朝からニューペガでこつこつ稼いだコインを、こいつに全部飲まれたなんてことが良くありましたしね

こいつとミリオンゴッドが無ければ、ボクの生涯スロ収支は、もっともっと大きかったです。
かなり儲けを削られましたから

そういえば4号機終盤にでたアラジンエボリューションでBIGが揃った時の音楽の出だしの、
「ピッ・ポッ・パッ・ポッ」は初代アラジンのBIGの音楽でしたね。
アラエボは勝ちづらい機種でしたけど、打つたびに初代アラジンを思い出しました

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

その時代毎のアラジン…

アラチャンランプが点灯すると、ひっそりBGMの流れるアラジンマスターも捨て難いっすね。 「点いちゃったよー!」って友人に報告すると即消えるというwww

初代アラジンと不良になったアラ2に比べて、ちょっと、出玉が寂しくなりましたね。
アラマス初打ちでアラチャン引いて’よしっ’って思った直後にランプ消えてあれれって、、、
ヌルすべりは好きでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。