スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューペガ強制連チャン理論の完成

しばらくあいてしまいましたが、思い出話の続きです。

ニューペガの中古台を処分してから1年半後の1992年、また中古台を買ってきました。
目的は、以前、あきらめてしまった連チャン打法の再検討です。

1年半前に作ったフローチャートとプログラムのダンプをもう一度見直しました。
そこで、リール制御と乱数の移行の関係についての解析をやり直します。
結果は、先月説明したとおりです。

また、JACゲーム中の出目が、約4000パターンあることがわかっていたので、出目から、乱数を特定できないかどうか調べてみましたが、同じパターンが複数あることから、どうも特定できません。
一つの出目から、10~30の候補が出てしまうのです。

そこで目をつけたのが、JACゲームが3回あること。
1回目のJACゲームの出目と2回目のJACゲームの出目を組み合わせると、さらにパターンが細分化されて、正確な乱数が特定できるのではないかというようにです。

それを解析するために、BIGゲーム中のシミュレーションプログラムを作ることにしました。
会社に勤めていたので、学生の時のように毎日徹夜するわけにもいかず、2週間ほどかかってしまいましたが、JACパターンと乱数の移行をシミュレーションできるようになりました。

その結果、やはり、1回目と2回目のJACゲームの出目で、乱数を特定できたのです。
ただし、特定するためには、約20万パターン(24x8192)から絞り込む必要があるので、PCを使ってプログラムで計算させると一瞬で答えが出るのですが、ホール内で計算するのは現実的ではありません。
でも、それでもうれしかったですね。自分の予想が当たったのですから。

理論上、乱数が特定できたのですから、2回目のJACゲームから3回目のJACゲームまでの間の打ち方で、乱数を調整できるはずです。
乱数を調整することで、次の天井枚数を計算するときに、強制的にAコース(100枚以内の連チャン)になるようにできるというのが、僕の期待です。

とりあえず、ホールで使えるかどうかは別として、強制連チャンのシミュレーションプログラムを2週間ほどかけて作成しました。

シミュレーションといっても、DOSの黒い画面に数字が表示されるだけで見かけは寂しい限りです。
1回目と2回目のJACゲームの出目を数字で入力すると、3回目のJACゲームまでに調整する乱数の数と、次の天井枚数が表示されます。

ところで、乱数を調整できるというのも、強制連チャンには重要な仕掛けです
これは、リール制御の解析でわかったことなのですが、小役のフラグが立っているときは、右打ちで小役を揃えると乱数が一回使われるのですが、左打ちで小役を揃えるとすべてのリールで制御が働ので、乱数が使われないのです。
ほかには、右打ちで、目押しにより小役をはずすと乱数は2回使われます。
この制御を利用して、任意の回数だけ乱数を進めることが理論上予想できたのです。

例えば、3回目のJACゲームまでに、乱数を3回進めるのでしたら、2回目のJACゲーム終了後、3回右打ちし、後はJACインまで左打ちします。
乱数を一回も進めたくないときは、すべて左打ちします。
このような打ち方をすることにより、乱数を0~25回の間で、自由に調整できるのです。

ソフトが完成し、シミュレーションソフトを起動したPCの前に、ニューペガの実機を並べて打ち始めます
とりあえず、BIGの初あたりは自力ですので、BIGが揃うまで自動打ちさせます。
(自動打ちの回路は、中古機購入後、即つけました)
BIGが揃い、初実践の開始です。

1回目のJACゲームを消化して、出目を入力します。
その後、2回目のJACインで、再びJACゲームの出目を入力すると、PCの画面には、Aコースが選択されるための乱数の数が表示されます。
その数だけ、右打ちし、その後JACインまで左打ちし、最後のJACゲームを消化します。

BIGゲームが終了し、リセットボタンを押しました。これで、Aコース(連チャン)がセットされたはずです。

どきどきしながら、シミュレーションどおりに通常ゲームを打ち始めます。
セットした天井枚数に到達しました。次のゲームで、7が揃うはず。
レバーをたたき、ストップボタンを押すと、7がズルッとすべってきて、思い通りに7が3つ揃いました。

わかっていたことでしたが、この瞬間手が震えましたね。ホントに興奮しました。
たぶん、今までで一番うれしかった瞬間だと思います。

ただし、PCをホールに持ち込むことはできないので、この時点では机上の空論でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

相変わらず難しいのに

一つ一つ理論が組み立てられていって、解析がすすんでいく様はドキドキです。
ちょっと道を逸れたら裏○○とかみたいなすごい集団のリーダーになってたかも!?
今からでもサイン貰っておこうかしら(貰ってどーすんだww

お父様、手術成功してよかったですね!
ご家族が健康なのが何よりの安心ですよね。
うん、よかったよかった・゚・。・゚゚・*:.。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。