スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

攻略人生のはじまり

攻略を初めてやったのが、アメリカーナです。
攻略といえるほどのものではないですけどね。

アメリカーナは、遅れが発生してから、約1000円後にボーナス揃うという「ハイエナ」にとっては
すばらしい機種。
自分の台と、左右3台の合計7台の一瞬の「遅れ」を常に監視して打ってました。
初期のころは、遅れに気付かずに止める人がたくさんいたので、面白いように拾えました。
千円打ちこむと、小役が連続で落ちます。いわゆる前兆ですね。その後BIGが揃うと

今と違って情報が広がるのが遅かったので、それなりに効果がありました。

でも、何といっても、この時期にペガサス(ニューではなくて1号機)と出会うのが、人生の分岐点ですね。
100枚以内に連ちゃんしやすいとか、3万以上はほとんどはまらないとか、それぐらいしか知らなかったのですが、連ちゃんに魅せられて、アメリカーナやアーリーバードとかは、打てない体になりました。

そういえば、ペガサスの初打ちは、1ゲーム目のコイン3枚で、BIGが揃いました。
次は、2ゲーム目。やはり運命だったのかw

でも、このころは、7枚交換で一回交換と、今では信じられない営業形態でしたね
ゲーム数はおろか、ボーナス回数の表示がない時代、
周りのおじさんたちが、何本コインを消費したかを数えるだけで、けっこういい台を拾えました。

このころはまだ、ニューペガを20年以上も打つことになるなんて、思いもよりませんでしたね


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。