スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CASIOの関数電卓買いました

故障したHPの電卓HP32SIIの代替機として、関数電卓を探してみました。
HPの電卓を扱っているお店もありましたが、32Sは販売終了で、後継機種として35Sが出てました。
数少ないRPN(逆ポーランド式)ですが、僕の使い方で、1万以上の電卓はもったいないのでやめました。
それにしても、RPNに対応していないものなら、1000円くらいからあるんですね。HPの電卓も。
家庭用なんてのも出そろってるみたいですね。

使用目的は、プログラミングやロジック回路の設計の時に、2進数や16進数の計算をすることです。
それだけなら、RPNにこだわらず、国産の関数電卓でもいいかなってことで、近所のヨドバシカメラに行ってきました。

国産の関数電卓は、さらに安くなってますね。
20年前なら、数万はしそうな機種でも、今なら5000円以下ですね

昔よく使っていたメーカーのCASIOで、一番安い機種が1500円くらいだったので
あまり考えずに買ってきました。
機種は、FX-370-ES

カシオ関数電卓 FX-370ES-Nカシオ関数電卓 FX-370ES-N
(2006/02/10)
不明

商品詳細を見る


いやー、安いのによくできてますね
使ってみて、面白かったのは、分数や平方根などの数式が、数式のまま入力できて、
さらに、その数式の形式で答えがでます。


fx-370ES
分数の計算は、このとおり。
ボーナスの合成確率も、簡単に計算できますw
もちろん、1キーで、実数(小数)の答えも表示しますよ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。