スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY Clip-on "SVR-515" 再生計画

今更ながらですが、SONYのクリポンことSVR-515のHDD換装をしようと準備を始めました。

今でこそ、利便性が認識され、市民権を得たHDDレコーダーですが、
民生品初のHDDレコーダーであるSONYのclip-onが発売された2000年の頃は、
価格も高かったこともあり、この良さが理解されませんでしたね。


515.jpg


初代715はさすがに高価で買えませんでしたが、515が12万くらいで発売され、
すぐに購入しました。でも誰に自慢しても、興味を得られませんでしたw
使ってみれば、すぐこの良さに気付くのにね。

まあ、そんな通称「クリポン」の515ですが、我が家では、現在まで故障もなくフル稼働してました。
しかし地デジへの移行に伴い、リビングルームから引退させることになりました。

でも捨てるのももったいないので、仕事部屋にあるひかりTVチューナー(NTTが提供するIPTVサービス)専用の録画機として使うつもりです。
ただ、購入時から丸8年、HDDを回しっぱなしにしてきたので、いつ壊れてもおかしくないというような金属音を発しているので、新しいHDDに交換しようということにしたんです。

なんとこのHDDレコーダーですが、中のHDDを簡単に交換できてしまうんで、いろんなサイトやブログで改造方法が紹介されているんですね。
さすがに、だんだんそのサイトも消えかかってますが。

ただ問題は、IDEで、130GB程度しか使えないので、そんなHDDがまだ入手できるかどうかですね
とりあえず、手元に余ってるSATAのHDDがあるので、SATAからIDEに変換して試してみます。

まずは、SATA-IDE変換アダプタを探してきます


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。