スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューペガサスの連チャン率(コース振り分け)

割数のついでに、連チャン率も計算してみました。

割数と同様、連チャン率も昔の雑誌等に出ている解析結果と、実際は違います

疑似乱数の解析値から計算すると以下のようになります。


1.5号機のニューペガサスのコース振り分けは

設定1で
A(1~100枚)   60.9%
B(1~300枚)   19.6%
C(251~900枚) 3.2%
D(851~1600枚) 16.3%

100枚以内の連チャンは 約67%

一番荒い、設定4で
A(1~100枚)   61.7%
B(1~400枚)   16.0%
C(351~850枚) 16.0%
D(801~1700枚) 3.2%

100枚以内の連チャンは 約66%

実は設定1が、連チャン率が一番高いんです。
ただし300枚を超えるとほとんど天井(Dコース)に行ってしまいます

ちなみにBIG(7)とREG(馬)の振り分けは、完全に1:1で
吸い込み枚数に達してボーナスフラグが立った瞬間に振り分け抽選をします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。