昼間は副業?

およそ20年間、週4日以上のペースで、本業かと思いこむほどパチスロを
打っていたのですが
(って、ひどい生活だね)
一応、副業として(?)、昼間はサラリーマンしてました。
大学卒業当時、世の中はバブルの真っ最中。今とは違い完全な売り手市場。
入社試験も、自分の名前さえ書ければ、即「内定」って時代。
頭の中は、パチスロでいっぱいの学生でしたが、さすがに就職はしました。

仕事はそれほど真剣ではなかったけど、日本全国のホールを回りたかったこともあり、
進んで日本全国をかけまわるビジネスマンとなり、さらになぜかパチスロで得た知識が役立ち、
好成績を続けることができましたw

してましたってのは、2年前にこの会社を辞めてしまって、今はほとんど無職に近い自営業ですけどね




スポンサーサイト

パチスロ歴

初打ちは、今から24年前の1985年。風営法で規定される前の0号機で、台の名前がわかりません。
今から比べると、暗いイメージのパチンコ屋の中でもさらに、怪しい雰囲気のパチスロの島。
その独特な空間に、好奇心だけではいってしまったのが、間違いの始まり(笑 当時、高校生。

その後、1号機である、「アーリーバード」と「アメリカーナ」をちょろっと打ち始め、あろうことか、
アーリーバードの天井と、アメリカーナの「遅れ」を発見してしまう。
情報誌もない当時は、それだけで、負けないスロッターになれました。
といっても、やることは「ハイエナ」。当時のオヤジたちから見たら、うざかっただろうね。
店の中では、目押し係としてかわいがられてたので、トラブルにはならなかったけど。

そして大学入学後、近所の新装ではいった、「ニューペガサス」が、人生を決定づけます。
愛する「ニューペガサス」が無くなったら、パチスロもやめようと思ってたのに、この台なんと、
2006年まで、約20年間も生き続けてしまいました。
その間、たまに「ニューペガサス」を打つために日本全国を旅しながら、平日は、4号機を打つ
という生活を続けることに結果なってしまいました。




ブログ開始

なんとなく時間があるので、ブログ始めてみました。
基本、三日坊主なので、いつまで続くか。。。

人生の半分以上、パチスロを打ち続けてしまった自分です。
4号機とみなし機が廃止され、しばらく、パチスロから離れた生活を送っていましたが、
2年ぶりにふらっと打ったスロットで、またまたパチスロ熱が再燃してしまいました。

パチスロの話題が多くなると思うけど、パチスロ日記ではなく、日々思うことを
書いていこうかな、と。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。